デリバティブ偏愛家の日記

弱小投資家の相場備忘録

2018/4 第1週 日経IV分析

全然更新間隔が週次でない件。

  

カーブ変化

OTMのIVをDelta毎に集計。5PはDeltaが5%となるPut、25CはDeltaが25%となるCall。つまり右に行く程高いストライクとなる。

f:id:plnjpy:20180407195028p:plain

米中の貿易摩擦激化で再度IV上昇。

 

IV推移

IVと先物価格(中期)

左軸に残存固定、期近のIVと、先物の30日間ヒストリカルボラティリティ、右軸は先物終値

f:id:plnjpy:20180407195110p:plain

 

IVと先物価格(長期)

左軸に期近のIVと、先物の30日、100日間ヒストリカルボラティリティ、右軸は先物終値

f:id:plnjpy:20180407195122p:plain

 

ボラ差分と先物価格(中期)

左軸、「期間SP」は期先IV-期近IV、「HV IV SP」は先物30日間ヒストリカルボラティリティ-期近IV、右軸は先物終値

f:id:plnjpy:20180407195139p:plain

 

期近IVとボラ差分(長期)

左軸に30日間ヒストリカルボラティリティ-期近IV、右軸に期近IV。

f:id:plnjpy:20180407195148p:plain

 

リスクリバーサルと先物価格(中期)

リスクリバーサル(RR)とはCall、Putの同水準DeltaのIV差分(Call-Put)。左軸は25DeltaのRR(残存固定)、右軸は先物価格。 

f:id:plnjpy:20180407195157p:plain

 

リスクリバーサルと先物価格(長期)

リスクリバーサル(RR)とはCall、Putの同水準DeltaのIV差分(Call-Put)。左軸は25DeltaのRR(残存固定)、右軸は先物価格。

f:id:plnjpy:20180407195209p:plain

 

総括

 IVは何だかんだで今までが低過ぎただけで、本来の水準に近い印象だが、RRは市場が平静に戻る過程でまだ0に近づく余地がある。とは言え米中の貿易摩擦問題が収まらない限りはこの状況が続きそう。安易にボラ売りしたくない状況と見る。