デリバティブ偏愛家の日記

弱小投資家の相場備忘録

日経オプションのIV分析始めました

東証の公表している日経オプション関連のデータがかなり溜まってきたので、分析するスプレッドシートを作ってみた。これも米金利同様に週次辺りで記事にしてみようか検討中。

 

データ取得元

基本的に使っているのはこのデータ。

www.jpx.co.jp

ただ、これだと日次で確実に取得しないといけないので、バッチ処理必須である。取り忘れた場合は、似たデータを取ることが可能。

www.jpx.co.jp

 

集計方法

 データはストライク毎のIVや終値が入っているが、ストライク自体は先物価格の変動で簡単に相対的な関係が変わるので、ここではDelta毎にIVを集計していく。

 この手法自体はメジャーなのでご存知の方が多いとは思うが、念のため説明しておくと、オプションの終値からIVを計算し、そこからDeltaを算出→特定のDeltaについてのみ集計することで、先物価格や残存日数に依存せずに常に一定のDelta水準のIVを分析することができる。

 以下、細かいポイント。

  • 基本的にITMについては板が薄く、データの信頼性に欠けるので、分析に使用するのはOTM側。
  • メジャーなDeltaは25%、15%あたり。綺麗に25%Delta(以下、%は省略して25Deltaと表記)にストライクがあるとは限らない、というかほぼ無いので、今回は線形案分で25Deltaを近似した。
  • ATMについてはATM近傍のCall、Putの平均値。
  • 期近と期先の2限月を使用し、それぞれ集計した後、両者を案分して常に残存日数が30日となる「残存固定」のデータを作成した。ただし日経オプションに関しては期先の流動性がかなり低いこともあり、分析に際しては期近がメインになる。とは言え期近も満期直前は荒い動きとなることもあり、暫くは残存固定と期近を共に分析対象とする。

 

カーブ変化

OTMのIVをDelta毎に集計。5PはDeltaが5%となるPut、25CはDeltaが25%となるCall。つまり右に行く程高いストライクとなる。

f:id:plnjpy:20180306110023p:plain

ATM IVの水準としては一か月前(2/8)とほぼ同じだが、下方サイドのIVが高い(特に25P)。まだ短期的な調整を警戒している模様。

 

IV推移

IVと先物価格(中期)

左軸に残存固定、期近のIVと、先物の30日間ヒストリカルボラティリティ、右軸は先物終値

f:id:plnjpy:20180306110910p:plain

IVが再度上昇しているのが分かる。今更だが昨年秋の長期連騰記録でIVは一切動いていないのは面白い。

 

IVと先物価格(長期)

左軸に期近のIVと、先物の30日、100日間ヒストリカルボラティリティ、右軸は先物終値

f:id:plnjpy:20180306113237p:plain

 

ボラ差分と先物価格(中期)

左軸、「期間SP」は期先IV-期近IV、「HV IV SP」は先物30日間ヒストリカルボラティリティ-期近IV、右軸は先物終値

f:id:plnjpy:20180306111156p:plain

 教科書的な説明になるが、基本的には残存が長い方がリスクが高いので、期先のIVの方が高くなるはずだが、急激な相場変動時にはこれが逆転してマイナスになるケースがある。「非常事態」か否かを判断する基準として使える。まだマイナス圏なので完全に沈静化してはいないのかも。

 HVとIVの比較では、IVの方が基本的に高い(グラフではマイナスが正常)が、急変時にはプラスとなる。ちなみにGamma Longのポジションを組む場合、ざっくりとこれがプラスにならないと負けると考えて良い。

 

期近IVとボラ差分(長期)

左軸に30日間ヒストリカルボラティリティ-期近IV、右軸に期近IV。

f:id:plnjpy:20180306113412p:plain

 

リスクリバーサルと先物価格(中期)

リスクリバーサル(RR)とはCall、Putの同水準DeltaのIV差分(Call-Put)。左軸は25DeltaのRR(残存固定)、右軸は先物価格。 

f:id:plnjpy:20180306112210p:plain

株価指数オプションは典型的なリスク資産のヘッジ手段なので、ほぼ確実に同じDelta水準ならPutの方がIVは高くなる(オプションプレミアムが高い)。なのでマイナス圏にいる事自体は正常。ポイントは短期的に上昇が予想される局面でCallが買われてRRが0に接近するケースがある点。やや目立つのは昨年秋の連騰記録中のRRが0に近いがそれ程でもないこと(むしろ23,000超えからの方が高い?)。

 

リスクリバーサルと先物価格(長期)

リスクリバーサル(RR)とはCall、Putの同水準DeltaのIV差分(Call-Put)。左軸は25DeltaのRR(残存固定)、右軸は先物価格。

f:id:plnjpy:20180306113953p:plain

長期で見ると今回のVIX祭りではRR急落はそれ程でもないようだ。

 

総括

初回なので、期近と残存固定が入り乱れたり、似たデータなのにグラフ上の色が異なったりとカオスだが、今週末くらいまでには整理しておこうと思う。