デリバティブ偏愛家の日記

弱小投資家の相場備忘録

2017/12 第3週 米金利分析

データは月曜引け値まで。更新タイミングぐだぐだ。

 

 1.イールドカーブ

縦軸に利回り、横軸が満期までの日数。指定日は約1ヶ月前の水準。 

f:id:plnjpy:20171219183543p:plain

短期中心の金利上昇。

f:id:plnjpy:20171219183604p:plain

 

2.長期イールド

主要年限(先物が存在する年限)の長期推移。

f:id:plnjpy:20171219183639p:plain

 

3.中期スプレッド

主要年限同士の差分(スプレッド)。計算式は5Y-2Y。

f:id:plnjpy:20171219183706p:plain

 

4.中期バタフライ

バタフライとは、短い年限と長い年限に買い(売り)、その間にある年限を売る(買う)取引手法で、イールドカーブの形状に注目するもの。「2-5-10」の計算式は以下。「2-5-10」が左軸、「5-10-30」が右軸。

5Y×2 - (2Y + 10Y)

f:id:plnjpy:20171219183721p:plain

5-10-30も上がってきた。少し待ってテキトーに逆張りしたい(おい)。

 

5.短期イールド変化

100営業日(約5ヶ月)前を基準1として、そこから各主要年限の金利がどう変化したか。

f:id:plnjpy:20171219183822p:plain

全体に金利上昇がやや落ち着いてきた?

 

6.短期10Y vs 5-10

左軸に10Y金利、右軸が5Y-10Yスプレッド。データは過去100営業日分。

f:id:plnjpy:20171219183943p:plain

結局大きな流れでフラットニングは継続。
 

7.長期10Y vs USDJPY

過去1,000営業日の10Y金利(左軸)とUSDJPY(右軸)の推移。

f:id:plnjpy:20171219184018p:plain

 

8.中期10Y vs USDJPY

データは全く上と同じだが、期間が200営業日。

f:id:plnjpy:20171219184026p:plain

 

9.短期10Y vs USDJPY

データは全く上と同じで、期間が100営業日。

f:id:plnjpy:20171219184036p:plain

 

10.短期為替相関

主要年限それぞれと、USDJPYの相関係数の推移。相関係数は前日比を過去20営業日分使って計算。

f:id:plnjpy:20171219184045p:plain

5、10Yの相関はほぼ元の水準に。

 

総括

 結局またフラットニングかよ、という話だが、相変わらず長期ロングのポジションは組めていないので、短期ショート(2Yバーティカルベア)のみで苦境に立たされている。そもそもバーティカルに関しては満期まで短すぎた感が今更ながら否めない。分析は日足で3ヶ月程度で見ているのだから、せめて1~2月満期のものにすれば良かった…