デリバティブ偏愛家の日記

弱小投資家の相場備忘録

2017/12/6 相場概況

相場概況

f:id:plnjpy:20171207100742p:plain

トランプ大統領の「エルサレムイスラエルの首都」発言で、日本株は今年最大の下げ。

 

日本株

 指数は500円下落。上記のニュースで中東情勢の地政学リスクが高まりリスクオフとなった。また、メジャーSQ前でヘッジファンドが仕掛けた、との話もある上、中国の金融引き締め、それに付随する銅価格の下落の影響を指摘する人も。夜間はやや戻したが、どちらかと言えば震源地であるはずの米株の方が堅調。

 

日本国債

 小幅だが先物は売られた。株が大幅安となる中、教科書的には上昇するはずだが、こういった事象が見られるとJGBの流動性の低さ、というかマーケットとしての機能低下が危惧される。

 

米国株

 一時はリスクオフとなって下落したが、引けに向けて持ち直した。ただ、流石に史上最高値まではやや幅がある。

 

米国債

 軒並み金利は低下。一時は先週末のABCショック(ロシア疑惑の誤報)でつけた高値まで先物が買われる展開に。NYクローズ付近からやや先物は軟化。バーティカルベア組むタイミングが一日早かったか…

 

為替

f:id:plnjpy:20171207102228j:plain

典型的な有事のJPY買いとなっている。米金利低下でややUSD売りも見られるが、ロンドン時間以降は小動き。

 

商品

 原油は大幅下落。中東情勢の地政学リスクの高まりよりも、発表された週間原油在庫の方に反応した模様。原油在庫自体は予想より大きく減ったが、ガソリン、石油精製品在庫の予想以上の増加が材料視された。下はWTI原油日足。ここで反発するか?

f:id:plnjpy:20171207102452j:plain

 金は小動き。地政学リスクや米金利の動きに対して反応が鈍い。米金利は結構な低下を見せたので、ある程度上昇しても良い気がするが、銀や銅が下落する中で、売り買いが交錯しているのだろうか…ブレイクしたら大きく動くと考えたい。

 

雑記

 メジャーSQ前の水、木曜は荒れやすいという話はたまに聞くが、本当にそうなのか調べてみようと思う。まあ3ヶ月に一度しかないので仮に荒れるのが分かっても大した収益にはならないが、恐らくバイナリーオプション等は業者がそこまで対応できているか疑問なので妙味はあるかもしれない。