デリバティブ偏愛家の日記

弱小投資家の相場備忘録

2017/9/22 相場概況

相場概況

東京時間に「北朝鮮が太平洋上での水爆実験の可能性」との報道でリスクオフ

 

日本株

 上記報道で一時100円近く下落したが、後場は日銀登場で落ち着きを取り戻した。選挙睨みで下では買いが強く、そう簡単に押し目はない模様。

 

日本国債

 リスクオフで債券買いとなったが、株と同じく後場には戻した。FOMCの結果を受けてからの米債との方向性の違いが顕著になっており、全体的に底堅い印象。

 

米国株

 東京時間にしては珍しく動いたが、最終的に今これを書いている時間(月曜朝)には値を戻している。

 

米国債

 FOMC終えて小動き。上記報道で東京時間でも多少は買われたが、大きな動きとはならず。

 

為替

 USDJPYは水爆実験報道でFOMCでの上げ幅の大半を吹き飛ばしたが、その後回復してきた。IVも俄かに上昇しており、1Mで10%付近。直近27日満期で13%近くまで上がっているが、満期までに指標はそれ程多くないので、やや割高な印象(今朝時点でUSDJPYのSpotもFOMC直後までは回復しているので)。

 

商品

原油は方向感の無い小動きで終了。 

 

雑記

 東京時間のリスクオフ時に債券先物に気を取られてIGのオプションを見るのを忘れていた。随分為替は動いたが計算してみると、IVは平常運転の8%付近だったので確実にチャンスだった。反省点である。

JGB、ショートしているのに底堅いのでジリジリやられる。そう短期で勝負している訳ではないので、気長に待つか…

また、地味な問題で土曜の朝に記事を書こうとすると、グローバルで証券会社各社がメンテナンスに入ってログイン不能→チャートが見れない、という状況。流石に日曜に色々起動して見るのも面倒だが、逆に月曜朝書くと金曜の話は多少忘れがちで何とも微妙である。まあ場中にちゃんとメモしておけ、という話なんでしょう。