デリバティブ偏愛家の日記

弱小投資家の相場備忘録

2017/9/21 相場概況

相場概況

日本株

 前日のFOMCでの為替上昇を受けて、寄り付きこそ上昇したが、そこが天井となった。

 

日本国債

 FOMCの流れで下落するかと思ったが、BOJは無風だったものの地味に底堅い。この水準はJGBとしては買い場なのか。

 

米国株

 FOMC後に高値をつけて昨日は下落した。教科書的にはFOMC後こそ下落するのだが…

 

米国債

 じりじり売られる展開。ほとんど下落しなかったJGB、下落の半分は取り戻したBundsと比較すると、BOJ、ECB、FRBの現在のスタンスを踏まえれば、まあ自然な流れではある。

 

為替

 BOJ後にUSDJPYは112.60付近まで上昇したが、全体に小動き。

 

商品

 原油は完全に往って来いで終了。地味に値幅は50セント以上あったのでVolは比較的ある。

 

雑記

 SAXOのFXオプションを見ていると、USDJPY 10/4満期の114円CallがIV 9.14%。雇用統計前にこの長期レンジの上限を超える材料は無さそうなので(衆院選は株には影響があるが、流石に為替まで上げるのは不可能?)、売っても良い水準か。むしろ株は高めのCall買っておいて組み合わせれば、リスクヘッジにもなる?とは言え株の方は一旦押し目を待ちたいところ。