デリバティブ偏愛家の日記

弱小投資家の相場備忘録

2017/9/12 相場概況

相場概況

日本株

リスクオフの巻き戻し継続。押し目無く、するすると上昇。日足一目均衡の雲にぶつかる水準まで到達。10月限のATM IVは11%程度と北朝鮮問題を終えて相変わらず低い。

 

日本国債

同じくリスクオフ巻き戻しで売られる。東京時間の値幅は25銭近くと久々の大きさ。

 

米国株

S&P500は最高値更新。VIX側は低位。

 

米国債

売り継続だが、 一旦2:00過ぎあたりで底を打っているのがJGBとは異なる。反面JGBは今朝寄り付きで下落した。

 

為替

USDJPYは110円まで回復。EURUSDは揉み合いで何とも言えない。あくまでリスクオフの巻き戻しで米金利上昇観測の高まりがメインではない印象(まあ米債売られてるけど)。USDJPY 1M ATM IVは9.2%とそこまで低くはない水準。日本株IVとの差は要注目。

 

商品

原油(CL)は狭い値幅での動き。金(XAUUSD)は久々にチャートを見たら年初来高値(これがほぼ昨年の高値)で頭を抑えられた形に。金のチャートを見るきっかけになっただけでもこのブログ始めた甲斐があった。

 

雑記

ここ1~2ヶ月、継続して IG証券の原油バイナリーの分析を続けている。原油は日中のボラティリティ変動が主要通貨ペアに対して大きいので、業者サイドだと非常にやり辛い印象を受けるが、やはりその結果かスプレッドはワイド。業者側はそこまで日々のIVを弄っている印象を受けないので、直近の値動きや中期のVol推移を加味した予測Volを出せれば投資家側にも勝機はあると思えるが、スプレッドの広さを考えると他の銘柄が無難かもしれない。